設定される金利について

キャッシングを利用するにあたって金利について知りたい方も多いかと思いますが、主に設定されている金利には上限金利と下限金利が存在しています。それぞれについて知っておく必要があるので、ここでは金利のことについて説明をします。

まず、キャッシングの金利は借入を行ったことがある人ならわかると思いますが、基本的には固定金利ではありません。金利は幅広く設定されており、基本的には実質年率4.5パーセントから18パーセントと設定されていることが多くなっています。キャッシングには上限金利と下限金利が設定されていますが、その中の多くは上限金利を利用しているケースが多いと言われています。

では、上限金利とは何かというと、基本的には約4%から18%と設定されている中でも一番大きな数字の18%に設定されているということです。キャッシングの金利は18%になっていることが多く、他の方法に比べても利息が高くなるケースがあります。その為、利用の際には金利については確認してから申し込みを行わなければなりません。

実際にキャッシングは上限金利で設定されていることが多いですが、必ずしもそうではなく、中には金利を安く設定しているところもあります。選び方は重要になるので慎重に調べてから選択するようにしましょう。